1. レーザースタイリングTOP
  2. レーザースタイリングとは
  3. レーザースタイリングNEXTの特徴

レーザースタイリングNEXTの特徴

高い効果と低負担を実現する5つの特徴

1回の施術で半永久的な効果

運動や食事制限などの一般的なダイエット方法では、脂肪細胞を小さくすることはできても、その数を減らすことはできません。そのため、ダイエットをやめ、再びカロリーの過剰摂取などをすると、脂肪細胞の大きさがもとに戻り、リバウンドする可能性が非常に高いと言えます。レーザースタイリングNEXTは、この皮下脂肪に直接レーザー光を照射することによって、脂肪を融解。レーザー照射部分の脂肪細胞数を大幅に減少させることが可能です。脂肪細胞自体が減少することで、リバウンドの可能性は極めて低く、仮に脂肪細胞が大きくなったとしても、細胞数が減っているので太りにくく、半永久的に痩身効果を持続できます。

ダイエットなどとレーザースタイリングとの脂肪細胞の変化の違い

お仕事などが忙しく、何度もクリニックへ足を運ぶのが難しい方にオススメです。

カラダに負担の少ない施術を実現

痩身施術後の痛み、腫れ、内出血は、脂肪細胞の周囲にある毛細血管や繊維組織へのダメージが原因です。特に従来の脂肪吸引では、刃のついたカニューレを何度も繰り返しスライドさせ、脂肪を半ば強引に掻き出していました。そのため、毛細血管や繊維組織が傷つき、脂肪吸引部分に痛み、腫れ、大量の内出血を伴い、体や心に多くの負担を与える施術でした。

レーザースタイリングNEXTは、特殊なグラスファイバーから放射される、広範囲に拡散するブロードバンドレーザーを用いることで、的確に施術部位の脂肪細胞を融解します。そのため、カニューレを何度もスライドさせ、強引に脂肪を除去する必要がなく、皮下の毛細血管や繊維組織に与えるダメージを最小限に抑えることが可能となりました。また、レーザースタイリングNEXTのレーザー光には止血効果があり、従来のレーザースタイリングに比べ、この効果性能を大幅に向上させることに成功しました。脂肪を強力に融解しつつも、傷ついた毛細血管からの出血を抑制して施術を行うので、施術後の内出血はほとんど無いといっても過言ではありません。圧迫固定も当日の夜のみ。ダウンタイムが少なく、患者様の体や心にも負担の少ない最新施術なのです。

従来の脂肪吸引とレーザースタイリングNEXTの施術方法の違い

施術の翌日から日常生活を送りたい方にオススメです。

脂肪細胞を広範囲に融解

従来のレーザースタイリング(スマートリポシリーズ)は、直進レーザー光を用いて脂肪を融解させていました。この直進レーザー光は一直線上にのみエネルギー熱を発生させるため、脂肪の融解範囲が非常に狭く、脂肪融解の十分な効果を得ることができませんでした。さらに日本美容外科学会の研究によると、この直進レーザーの融解部分周辺は最高で120℃の高温になるため、脂肪融解部位の調整を誤ると、皮膚の損傷、または体内の筋肉組織などを火傷させる恐れが非常に高いと言えます。

レーザースタイリングNEXTは、特殊なグラスファイバーを用い、広範囲に拡散するブロードバンドレーザー光を放射します。同心円状にエネルギー熱を発生させることにより、1度の照射で大量の脂肪を融解することができるようになりました。融解効果も非常に高く、従来のものと同じエネルギー出力で比較した場合、はるかに脂肪融解効果が大きいことがわかりました。さらに、レーザースタイリングNEXTのブロードバンドレーザー光は距離の2〜3乗に反比例してエネルギー熱を減衰させるため、脂肪融解部分の周辺は60℃程度となり、長時間同一箇所にレーザー光を照射しない限り火傷をする恐れもありません。

従来のレーザースタイリングとレーザースタイリングNEXTレーザーの違い

凸凹などの施術失敗や、リスクのある施術を避けたい方にオススメです。

部分痩せに最も効果を発揮

肩や膝上などの繊維組織が多く、脂肪組織が硬い部位は、従来の脂肪吸引では十分に脂肪を吸引することができず、効果を期待することは難しい状態でした。また、足首などの細く、繊細な部位については、脂肪吸引施術を行うことさえ不可能でした。しかし、レーザースタイリングNEXTは1.2mmの細いファイバーと、高い脂肪融解作用によって、従来の脂肪吸引では施術が難しい部位の脂肪を効果的に融解します。

1.2mmの細いファイバー

夏や、ウェディングの際など、気になる部分だけを細くしたい方にオススメです。

皮下組織の刺激による皮膚の引き締め効果

従来の脂肪吸引施術は、体内の繊維組織や毛細血管にダメージを与えながら脂肪を除去していきます。ただ、体内の繊維組織は皮膚層と筋肉を結び、皮膚の伸縮をコントロールしているため、ダメージを与えてしまうと皮膚の伸縮をコントロールすることができなくなります。これが原因となり、施術後に皮膚がたるんでしまう恐れがあります。

レーザースタイリングNEXTの拡散ブロードバンドレーザー光は脂肪を効果的に融解させるとともに、微量の熱エネルギーが皮膚の内側にある線維芽細胞を刺激します。刺激された線維芽細胞はコラーゲンを増やし、皮膚組織の構造を支える基盤を生成していきます。この皮膚構造基盤が細胞組織を結合する構成成分となり、皮膚の伸縮をコントロールするため、たるみのない、引き締まった痩身効果をもたらしてくれるのです。

従来の脂肪吸引では、皮下組織が傷つき肌がたるむが、レーザースタイリングNEXTでは、コラーゲンを刺激し引き締める

バストの釣上げ、サイズダウン、リフトアップなどをお求めの方にもオススメです。
Information
  • Dr.無料メール相談
  • カウンセリング予約
  • THE CLINIC 東京
    THE CLINIC 東京 外観
    東京都港区西麻布3-16-23
    Azabu Body Design Center 1F
    診療時間 10:00〜19:00
    0120-60-3929/+81-3-5775-3400(海外からの電話)
  • THE CLINIC 福岡
    THE CLINIC 福岡 外観
    福岡県福岡市中央区大名2-1-18
    BROOM Fukuoka 4F
    診療時間 10:00〜19:00
    0120-98-3929/+81-9-2732-3155(海外からの電話)